九州の本物パワースポット


スポンサード リンク

日本文化の中枢は伊勢にあり

むかし、ある人が総理大臣だったとき、「日本は神の国」と発言したことが問題となり、それがテレビで盛んにたたかれたことがありました。石川県の国会議員で、その選挙区には、白山ひめ神社もあります。そういった風土、文化で生きてきた人が、「日本は神の国」と言われたことはごく自然なことであったのでしょう。長い文脈の中で出てきた短い語句を拾い上げて都合よくキャンペーンするマスコミは、この当時からこうして日本文化を大切にする議員や政党を攻撃してきました。そして、日本文化を軽視し、日本人の幸福を無視する政党に政権交代をさせたのです。


このマスコミのキャンペーンに洗脳される人が多くなったのは、学校教育で日本文化を軽視するようになったからでしょう。第一次安倍政権のときに地域の偉人や文化を学ぶという学校教育の予算が組まれていましたが事業仕分けですべて予算がカットされてしまったそうです。第二次安倍政権では復活したようですが。こうやって日本文化を滅ぼし、次第に外国に乗っ取らせようとしている人たちがいるということです。マスコミも加担しています。今、日本の山林や水資源地が次々に外国資本に買い占められていることを皆さんはご存じでしょうか?


大切な国土の自然や水源地を外国にほしいままに与えている政府。本来は法律により規制して、日本の山林文化や水源を守るべきです。いま、日本文化は、日本が始まって以来の危機に瀕していることをどうか忘れないで下さい。子供たちのために必要なのは本当に日本を愛する政府であり教師です。ある種の宗派では、神社参拝を禁止しているそうです。日蓮の足跡を勉強すれば、日蓮は、神社にもお参りしているし、神社の神というものを認めています。法華経三十一番神社は有名です。法華経を守護する神社が選定されているのです。日蓮が伊勢神宮で発願した事跡も残っているのです。


開祖がしていたことを、後になって否定するとは、いかなる所存でしょうか。また、日蓮は、比叡山で学んで立教した人です。その比叡山は同じ時代に、鎌倉仏教と呼ばれる、種々の宗派が出ています。栄西、道元、法然、親鸞などです。その比叡山は伝教大師と呼ばれる最澄がつくったのです。そして、最澄は日本仏教の祖は聖徳太子と言っているのです。聖徳太子が十七条憲法で、厚く仏法僧の三宝を敬えと教えたことは有名です。四天王寺をはじめ寺を建立もしています。


その聖徳太子は、神道も軽んじてはいません。推古天皇に、天皇は天神地祇をおろそかにしないよう進言もしています。日本では、神仏は修交され、家庭には仏壇と神棚があるのが、一昔前の姿でした。その日本文化と、「神社に参るな」との掟は、まったく相容れないものです。聖徳太子や最澄や日蓮とも相容れないものです。開祖や始祖達とかけ離れ、元の教えから歪みに歪み、ずれにずれたものなのかもしれません。日本文化を守る観点からは要注意な思考だと考えざるを得ないものです。


九州地方や東北地方や北海道にお住まいの人はめったに伊勢神宮にお参りする機会がありません。しかし、日本人であれば、日本列島のどこに住んでいても、少なくとも、三年に一度は伊勢に参拝したほうが良いのです。関西の人は、年に二度、中部、関東であれば、年に一度は、お参りしたいですね。なぜならば、伊勢神宮は、すべての日本の神社の頂点に立つ神社です。日本神話において、伊勢の内宮の主祭神、天照大御神様は、イザナギ、イザナミの夫婦神から、高天原つまり神々の世界を治める役目を命じられましたそして、日本の皇室の祖である神武天皇つまり第一代の天皇様は、このイザナギ、イザナミの神様の子孫であり、つまり伊勢の神様の子孫です。


日本の皇室はイザナギの神様から男系継承を重ねて、今日まで継承され、神武天以降は、すべての天皇は、父親を系図の上でたどれば、必ず神武天皇につながる男系継承を、連綿と続けてきました。その日本民族の霊的中枢が伊勢神宮であります。その伊勢の神徳とは、人生開運の大きな流れを変えてくださるというものです。人生の次元があがり、流れが変わり、路線が変わります。東北地方や北海道そして、九州や沖縄にお住まいであっても、理想的には年に一度、むずかしければ三年に一度は、伊勢神宮(内宮)に参拝し、ご祈祷を受けるようにしましょう。


 

スポンサード リンク





※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

日本は神の国関連ページ

パワースポットの活用法の誤りを正す
パワースポットの開運力を引き出すための秘密とは。
喪中 神社
喪中の神社参拝についての考え方をまとめました。
神社と自然と皇室
九州のパワースポット。雑誌でみかける偽のパワースポットをすべて排除し、本物の開運パワースポットだけを厳選してご紹介します。ここだけ行けば十分です。開運する効果的な参拝方法も解説しました。福岡、大分、宮崎、鹿児島、熊本、佐賀、長崎の聖地。
神社ではどう祈るか
神社でお願いごとをしてはいけないという説を言っている人がいますがその間違いを指摘しておきます。
神社では願い事をしてもいいか?
九州のパワースポット。雑誌でみかける偽のパワースポットをすべて排除し、本物の開運パワースポットだけを厳選してご紹介します。ここだけ行けば十分です。開運する効果的な参拝方法も解説しました。福岡、大分、宮崎、鹿児島、熊本、佐賀、長崎の聖地。
日本文化の源泉は神社にある
神社と神道の中に日本民族の精神性の特徴がそのまま現れています。
神道 神棚 祀り方
神社でご祈祷を受けると、御神札を頂くことが できます。このお札は、家庭で祀るのですが、 それにはいくつか注意点があります。
神社で開運するための極意
神社でこのように祈れば大開運力を引き出せます。
神社で祈ると悪いことがおこる?
神社で願いごとをしたらいけないとか、願いごとをすると悪いことがおこるとか、そういう内容を書いているブログがあるようです。
神社のおみくじについて
神社で引くおみくじはどのような意味を持つのでしょうか。タロットや易などの占いとどう違うのでしょうか。
神棚にお供え
神札をどのように配置してお祀りをするのか、お供えは?神棚の祭祀の仕方で悩む人が多いようです。