九州の本物パワースポット


スポンサード リンク

邪霊の支配下に堕ちたチャネリングや霊言

チャネリングや、霊言などの霊能力により、世を騒がしているサイキックなどの活動は、霊に無知な人にとっては魅力的に写るようですが、実際には非常に危険なものです。というのは、霊的世界というのは、善霊ばかりではないからです。はっきりいえば、邪霊のほうが圧倒的に多いのです。特にチャネリングや霊言などで、人間界に干渉してくるのは、ぜんぶ、邪霊です。詐欺師が、みずから正体を明かすことがないように、邪霊は善霊になりすましてメッセージを送ります。なので、内容だけを判断材料にしているとだまされます。邪霊でも九分九厘は正しいことを言ってくるからです。あたかも現実界の詐欺師やペテン師と同じです。しかし、肝心の一厘が嘘であり、そこをもって、世人を欺いているのです。世を騒がし、人間の浅知恵を利用して、新興宗教をつくったり、スピリチュアルグループをつくったりして、人間を支配しようとしています。ホンモノはほとんど皆無だと思ってこうしたものに対応するべきです。誠の神仏は不思議を好まないものなのです。

偽予言者

シルバーバーチの霊言が有名になると、その後、世界各所で同じような事例がみられるようになり、現在でも霊能者によるチャネリングで、トランス状態で霊が憑依して言葉を語るなどの現象があります。しかし、これらのチャネリングや霊言などは、ほとんどが邪霊によるまやかしです。歴史上の偉人が次々に霊言を語りだすと信者を集めて、新興宗教の教祖となる事例もあります。本当の神仏の加護とは、自然のうちに物事が良い方向にむかうものであり、不可思議は神仏は好みません。霊のお告げをたよりにして、人生の行動を決めるというのは、一種の怠りの行為です。人間はこの世でトライアンドエラー、試行錯誤で、成長して魂を磨くものであるのに、いちいちお告げを聞いてから行動するのであれば、それはお告げを下す霊の言いなりになっていることになります。人間には自由意思があり、本来の守護霊や守護神は、その人間の努力を影から助けて支えてくれるものです。それが天佑神助。つまり人事を尽くして天命を待つことこそ、人間としての本来の道です。


催眠と霊的な問題

催眠をあつかう人々が、しばしば報告している問題に、催眠状態は、憑霊現象がおきやすいというものがあります。これは経験豊富な催眠療法家であれば、必ず体験している現象ですが、霊的な問題への無知から、ほとんどの術士は、この問題をおざなりに考えています。せいぜい、浮遊霊や不成仏霊の多い、不浄な場所では、催眠療法はやらないほうが良いといったレベルです。悪霊は人間に悪想念や性格の悪いほうへの偏りなどを誘発します。守護霊が真善美の方向へ人を導くのと逆作用です。特に問題になるのが怨念霊です。これは祖先が戦争や抗争、陰謀などで誰かを殺したり、自殺に追い込んだりした場合、多くは戦国時代から江戸時代のものが多いですが、死に際して子々孫々を恨み、たたることを決意して死んだ敵対者の霊です。これらの霊を怨念霊と分類しますが、これがまったく存在しない家系や家は皆無です。つまり誰でもこの怨念霊が悪影響を与えているのです。特に長男。長男がいなければ長女と、家系を受け継ぐものから順次、攻撃されます。しばしば長男が若死にする家系などはこの怨念霊の仕業です。突然の病気や事故で命を落とさせるように仕組んだり、生活を乱れさせてじょじょに病気にしたり、非常に巧妙でずるがしこい方法で祟ってきます。人間の世界でも完全犯罪をたくらむものがいるように、怨念霊ももとは人間ですから、非常に邪悪な計画性をもって活動しています。本人のマイナスのカルマが重すぎたり、想念がマイナスに偏りすぎて守護霊がしっかりと守れない場合などには、怨念霊が勝ってしまい、不幸な人生となります。

神仏の加護

一方、本人が行き方を改め徳を積み、愛に生きて、想念が明るく、温かく、軽い場合、守護霊がしっかりと守護するため、怨念霊は攻撃ができません。兄弟数名のうち、何人かが不幸でも残り何人かは幸運な場合、それはそれぞれの性格と生き方が守護霊の加護の差を招き、幸運、不運を分けたのです。とはいえ、どの家に生まれるかも本人の前世での借金と貯金によりますので、そんな家に生まれたのは自分の責任なのです。生きている人間とは、霊界から見れば善霊と悪霊がつなひきをしている真ん中にいるのです。「車が事故にあった。俺は何て運が悪いのだろう。これは邪霊のたたりに違いない。俺はこのまま不運不幸に苦しみ続けるのか〜。」と考えることもできますが、逆に、「車が事故にあったのに、奇跡的に助かった。廃車になったけど体には一切障害がなかった。これは奇跡だ。守護霊様がお守りくださったのだ。ありがとうございます。」と守護霊の存在を確信して感謝に変えることもできるのです。事実、事故にひきずりこんだのは邪霊の仕業ですが、それを奇跡的に助からせたのは守護霊の働きだったのです。その二つの働きのどちらに焦点をあわせるのかで、感謝になるか不満になるか、それが決まります。感謝する人は、ますます守護霊に守られるので次第に邪霊も手が出せなくなります。そして、不満を言う人は守護霊の応援も弱くなるのでますます邪霊の攻撃を受けやすくなります。
スポンサード リンク





※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

危険なスピリチュアル関連ページ

パワースポットの活用法の誤りを正す
パワースポットの開運力を引き出すための秘密とは。
喪中 神社
喪中の神社参拝についての考え方をまとめました。
神社と自然と皇室
神社は自然の中に神ありとする神道の思想から生まれ、皇室はその神道の教えを伝承してきた宗家なのです。
神社ではどう祈るか
神社でお願いごとをしてはいけないという説を言っている人がいますがその間違いを指摘しておきます。
神社では願い事をしてもいいか?
九州のパワースポット。雑誌でみかける偽のパワースポットをすべて排除し、本物の開運パワースポットだけを厳選してご紹介します。ここだけ行けば十分です。開運する効果的な参拝方法も解説しました。福岡、大分、宮崎、鹿児島、熊本、佐賀、長崎の聖地。
日本文化の源泉は神社にある
神社と神道の中に日本民族の精神性の特徴がそのまま現れています。
神道 神棚 祀り方
神社でご祈祷を受けると、御神札を頂くことが できます。このお札は、家庭で祀るのですが、 それにはいくつか注意点があります。
神社で開運するための極意
神社でこのように祈れば大開運力を引き出せます。
神社で祈ると悪いことがおこる?
神社で願いごとをしたらいけないとか、願いごとをすると悪いことがおこるとか、そういう内容を書いているブログがあるようです。
神社のおみくじについて
神社で引くおみくじはどのような意味を持つのでしょうか。タロットや易などの占いとどう違うのでしょうか。
日本は神の国
日本神話において、伊勢の内宮の主祭神、天照大御神様は、イザナギ、イザナミの夫婦神から、高天原つまり神々の世界を治める役目を命じられました。そして、日本の皇室の祖である神武天皇つまり第一代の天皇様は、このイザナギ、イザナミの神様の子孫であり、つまり伊勢の神様の子孫です。
神棚にお供え
神札をどのように配置してお祀りをするのか、お供えは?神棚の祭祀の仕方で悩む人が多いようです。
神社参拝とパワースポット
神社というパワースポットとつながることで人は浄化され高められます。ただし、本物のパワースポットでないと効果はありません。
新興宗教と神社
神社に参拝することを拒否する新興宗教について考えてみましょう。