九州の本物パワースポット


スポンサード リンク

喪中 神社 参拝

喪中の神社参拝をどうしたらよいか、知らない人も多いです。
昔から、喪中には神社に参拝してはいけないとされてきました。
それでは喪中とはどのぐらいの期間なのでしょうか。
一年あるいは半年でしょうか。


地方によっても考え方が若干違うようですが、
基本的に49日が過ぎるまでと考えてよいでしょう。
この期間は神社参拝を控えるというのが一般的な喪中のしきたりです。


家にある神棚に紙を張って、隠したりする風習がある地方もあるようですが、
現代においては、そこまでする必要はないでしょう。
この考え方は、仏教伝来の後に広まったもので、もともと神道では祖霊社にて祖先を祭るのが普通でした。


身内が亡くなったことを喪中として忌み嫌うようになったのは、
仏教による葬儀が一般的になってからのことであり、
実際にはそれほどこの問題にこだわる必要はないと考えてよいでしょう。


49日の間に神社でお祈りしたいことがあったときに行っては行けないのかといえば、
そんなこともないようです。お祓いを受けて、清める意味もあり、参拝を勧める場合もあります。


そのため、原則は49日の期間を考えておき、臨機応変にすればよろしいでしょう。
神棚への参拝も、してはいけないということではありません。
むしろ、心を神様に向けて祖霊の幸せを祈るほうがよいかもしれません。


女人禁制とか、中世のころにできた慣習には、古代のあり方とはかけ離れたものも
多々見受けます。喪中という概念もまた、そういったもののひとつではないでしょうか。


本来は、神道では、死を神上がりとも考えて、祖霊を神霊としてあがめていました。
死者となった祖霊は神の世界にいき、幽冥の世界から、子孫を守護すると考えられてきたのです。
そのため喪中という概念などなかったのです。これと似たものに、女性の生理に対する考え方があります。


生理中の女性は不浄であるから、お参りしてはならないというのです。
これも中世の仏教的男尊女卑の傾向の強かった時代にできた旧来の陋習といったものです。
もっと古代にはこんな決め事は存在しませんでした。


現代においては、神道の本質である古代のあり方に戻り、
このような不浄という観念にふりまわされることなく、参拝してもよろしいかと思います。
神様と人間の交流こそが、神社参拝の本質です。
神においては、本来は浄不浄はありません。そもそも元来は、神仏は習合していたのです。


神仏習合というのは、神職が僧侶もかねていたわけです。
あるいは僧侶が神職をかねていたともいえるでしょう。
神社の中に神宮寺があり、神社とお寺は一体化していました。
今でも、厳島神社や熊野那智大社は、神社のすぐ隣がお寺になっています。


こういった歴史を考えても、過度にこだわる必要はないのです。
神道で祭られる神様の中にも、出雲の神様のように幽冥界を主宰する神霊もいらっしゃいます。
神道の神様は、人間の生と死をつかさどり、生まれるときと死ぬときを定めるともいわれています。


人間の死という部分を神道から過度に切り離すようになったのは、
本来の神道のあり方からはむしろ外れているとも考えられるのです。


パワースポット活用法の秘密


スポンサード リンク





※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

喪中 神社関連ページ

パワースポットの活用法の誤りを正す
パワースポットの開運力を引き出すための秘密とは。
神社と自然と皇室
神社は自然の中に神ありとする神道の思想から生まれ、皇室はその神道の教えを伝承してきた宗家なのです。
神社ではどう祈るか
神社でお願いごとをしてはいけないという説を言っている人がいますがその間違いを指摘しておきます。
神社では願い事をしてもいいか?
九州のパワースポット。雑誌でみかける偽のパワースポットをすべて排除し、本物の開運パワースポットだけを厳選してご紹介します。ここだけ行けば十分です。開運する効果的な参拝方法も解説しました。福岡、大分、宮崎、鹿児島、熊本、佐賀、長崎の聖地。
日本文化の源泉は神社にある
神社と神道の中に日本民族の精神性の特徴がそのまま現れています。
神道 神棚 祀り方
神社でご祈祷を受けると、御神札を頂くことが できます。このお札は、家庭で祀るのですが、 それにはいくつか注意点があります。
神社で開運するための極意
神社でこのように祈れば大開運力を引き出せます。
神社で祈ると悪いことがおこる?
神社で願いごとをしたらいけないとか、願いごとをすると悪いことがおこるとか、そういう内容を書いているブログがあるようです。
神社のおみくじについて
神社で引くおみくじはどのような意味を持つのでしょうか。タロットや易などの占いとどう違うのでしょうか。
日本は神の国
日本神話において、伊勢の内宮の主祭神、天照大御神様は、イザナギ、イザナミの夫婦神から、高天原つまり神々の世界を治める役目を命じられました。そして、日本の皇室の祖である神武天皇つまり第一代の天皇様は、このイザナギ、イザナミの神様の子孫であり、つまり伊勢の神様の子孫です。
神棚にお供え
神札をどのように配置してお祀りをするのか、お供えは?神棚の祭祀の仕方で悩む人が多いようです。
神社参拝とパワースポット
神社というパワースポットとつながることで人は浄化され高められます。ただし、本物のパワースポットでないと効果はありません。
新興宗教と神社
神社に参拝することを拒否する新興宗教について考えてみましょう。