九州の本物パワースポット


スポンサード リンク

宗像大社  人、物、金を結集し、豊かな繁栄をもたらす

宗像大社(むなかたたいしゃ)は、福岡県宗像市にあります。
古来、海上交通の守護神でもあり、日本海海戦においては、この宗像大社の沖で、
戦闘が行われ、日本の連合艦隊がロシアのバルチック艦隊に圧勝しています。
朝鮮半島から邪なものが侵入せぬように、守りを固めている神様もあります。


昔から、人、物、金を結集して、事業をならせる神として知られ、
出光の創業者、出光佐三氏が熱心に崇敬し、出光を大企業にしました。
日本各地に七千余ある宗像神社、厳島神社、宗像三女神を祀る神社の総本社であり、弁天様の総本宮とされます。


宗像の女神は、言霊の力で人と物と金を結集させるのです。
辺津宮、中津宮、沖津宮とう三つの神社が一列に並び、これを辺津宮から一度に参拝できるようになっています。


宗像三女神は、高天原で、天照大御神と向かい合った須佐之男命が
差し出した十拳剣(とつかのつるぎ)を、天照大御神が三段に折り、そこから生み出した女神とされています。
創建は神代の昔とされ、遅くとも四世紀には祭祀が確立していました。
宗像大社に詣でた際には、ぜひ、ご祈祷を受けて、みずからの志すところを熱誠祈願されることをおすすめします。


人を動かすことから、人事採用、恋愛の縁結び、結婚などの願望成就。
物を動かすことから、いろいろな物流や、社会の仕組みの改革、企業の制度改革。
金を動かすことから、金運アップ、商売繁盛、財宝蓄財のご加護を授かることができるパワースポットです。


パワースポット活用法の秘密



 
スポンサード リンク









  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

宇佐神宮 宗像大社 霧島神宮 阿蘇神社 枚聞神社 神社参拝の方法