九州の本物パワースポット


スポンサード リンク

霧島神宮  皇室を守護し、日本を救う神

霧島神宮は、鹿児島県霧島市にある神社です。
年間約100もの祭儀が行われている重要な神域です。
皇祖神を祭る神社であり、日本の国と皇室に災いが降りかからぬように守護する神様です。


人間生活万般を守護され、家内安全、子孫繁栄のご加護で、家運が隆昌していきます。
皇室が二千七百年以上も繁栄しているように、家運隆昌のパワーを授かることができる神域です。
家単位、企業単位、国家単位での繁栄を祈願するのに最適なパワースポットです。


主祭神は天孫であるニニギノミコトです。
系譜上、最初の夫婦神であるイザナギノカミとイザナミノカミの子が、
天照大御神と須佐之男命ですが、須佐之男命の子である、
天忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)を、天照大御神が養子とし、
その子であるニニギノミコトに配下の神をつけて、天孫降臨という形で、地上に降ろしたとされています。


欽明天皇の時代(6世紀)高千穂峰と火常峰の間に社殿が造られたともいわれていますが、
それ以前から祭祀があったようです。
ニニギノミコトが皇室の祖神であり、その後、男系継承が連綿と続いて現在の天皇陛下につながっているとされます。


霧島神宮に参拝の折には、日本の国の繁栄と皇室の弥栄を祈願し、
あわせて自分自身の家運隆昌と心願成就を願うとよいでしょう。


ぜひご祈祷を受けての熱誠祈願をされることをおすすめします。
子宝に恵まれない人がここに詣でると、子宝が授かったという話が
非常によく聞かれるように、子孫繁栄の徳を授けるパワースポットでもあります。
不妊治療を受けている人は、まず霧島神宮で子宝祈願のご祈祷を受けましょう。
金運や事業運にも大きな恵みの頂ける大神域です。


パワースポット活用法の秘密



 

霧島神宮  皇室を守護する神記事一覧

ほんとうの高千穂

天孫降臨の地とされている高千穂ですが、九州には二つの高千穂が存在しています。そのどちらが本当の高千穂であるのか、しばしば議論されているところです。霧島神宮のそばにある高千穂峰こそが真実の高千穂ではないかと、多くの風水研究者が論じています。実際に霧島神宮の周辺を調べてみれば、風水的にも秀逸であることが...

≫続きを読む

皇室の祖神を祭祀する神社

霧島神宮は九州地方において最高のパワースポットであり、本州における伊勢神宮に匹敵するのは、ここです。九州には、二つの高千穂伝説がありますが、この霧島神宮の背後にある高千穂峰こそが、もっとも重要な聖地であると考えられます。実際に行ってみれば、神気充実した霧島神宮のパワーに圧倒されることでしょう。皇室の...

≫続きを読む

男系継承と皇室

日本文化の霊的中枢とは皇室です。日本最大最高最強のパワースポットは伊勢神宮ですが、その伊勢は皇室の奥の院ともよばれているのです。つまり皇室の祖神が祭祀されているのが伊勢神宮です。伊勢のご祭神である天照大御神のお孫さんにあたるのが霧島神宮のご祭神様です。つまり、霧島神宮のご祭神ニニギノミコトの子孫が今...

≫続きを読む

天孫ニニギノミコトとは

霧島神宮は伊勢神宮ともつながりが深い聖地です。伊勢神宮と皇室の関係はよく知られているとおりです。伊勢神宮の内宮には皇祖神がおわします。伊勢神宮と日本の皇室には深いつながりがあります。伊勢の内宮に鎮座する神霊は、天照大御神様です。アマテラスオオミカミと読みます。この神様はイザナギノミコト、イザナミノミ...

≫続きを読む

霧島神宮と皇位の継承

霧島神宮は皇室の発祥の地において皇祖を祭る重要な神域です。ところで、皇位継承において、女系継承は可能か?という議論は、今上天皇陛下の生前退位問題をきっかけにまたぞろ、噴出してきているようです。一部の歴史研究者などによって女系天皇を容認するという説が宣伝されているようです。今、悠仁親王殿下がすくすくと...

≫続きを読む

皇室の由来

古代において、日本にたくさんの渡来人がやってきたことは多くの研究によって指摘されています。その中に、ユダヤ民族その中の失われた12部族があったとする研究もまたたくさんの研究が出版されています。ユダヤ民族渡来説の研究者はたくさんいて、さまざまな書籍があります。皇室はこうした人々の末裔であるとする説もあ...

≫続きを読む

スポンサード リンク









  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

宇佐神宮 宗像大社 霧島神宮 阿蘇神社 枚聞神社 神社参拝の方法