九州の本物パワースポット


スポンサード リンク

宮崎神宮  神武天皇を祭る宮崎のパワースポット

宮崎神宮(みやざきじんぐう)は、宮崎県宮崎市神宮にある神社で、
神日本磐余彦尊(神武天皇)を主祭神としています。
ニニギノミコトから数えて四代目として、神武天皇が日向国でお生まれになりました。
その後、神武天皇は東征されて建国の詔を大和で発せられました。


明治維新までは、小さな社でしたが、明治維新のとき、社殿と神域が整備拡張されました。
宮崎神宮の別宮が狭野神社ですが、この狭野神社こそが、
神武天皇の生誕の地であるとされています。
霧島連峰の東麓にある神社です。


宮崎神宮にあった皇居後は、先祖の居住地であったと思われます。
霧島連峰の周辺は、重要な聖地であるといえるのです。
宮崎県民がこぞって宮崎神宮を崇敬するようになり、
県民の崇敬がいっそう結集すれば、宮崎県のさらなる繁栄が実現するはずです。


宮崎県民のみなさんは、ぜひ、毎月、宮崎神宮でご祈祷を受けて、
日本国の繁栄と九州そして宮崎の繁栄をしっかりとお祈りしてください。


「神は人の敬によりてその威を増し、人は神の加護によりて運を添う」
という言葉(御成敗式目)のとおり、人々の崇敬が結集すると、
神威は増幅してどんどん大きく現れてくるのです。
日本を守りたい人、皇室を守りたい人には、最適なパワースポットです。


パワースポット活用法の秘密


スポンサード リンク





※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。