九州の本物パワースポット


スポンサード リンク

枚聞神社  龍宮伝説の残る神域が道を開き、富を与える

枚聞神社(ひらききじんじゃ)は鹿児島県指宿市にある薩摩国一宮です。
薩摩半島の東南端にある開聞岳が、神山として古来から崇敬されてきました。
その開聞岳の北麓に鎮座するのが、枚聞神社です。
創建は神代といわれています。


龍宮伝説が残っていて、開聞岳は古代に龍宮界があったそうです。
海幸、山幸の神話にも知られるように、山幸つまり彦火々出見命(ひこほほでみのみこと)が、
この地で井戸の近くで、豊玉姫と出会いました。


枚聞神社の北側にある玉の井遺跡は、この伝承で言われている井戸だとされています。
日本最古の井戸と伝えられています。
神代には、このあたりは龍宮界で、玉の井は龍宮城の門前の井戸であり、豊玉姫が朝夕汲まれた井戸だとのことです。


この神社の祭神は枚聞神一座とされています。
大日?貴命を主祭神に五男三女神を配祀しています。
龍宮伝説のあるパワースポットの多くは、金運を与え、富を持つ人にしてくれる働きがあります。


金運がないと悩んでいる人は、この枚聞神社で、ご祈祷を受けて、金運をアップされることをおすすめします。
「心願成就」や「社運隆昌」のご祈祷がよいでしょう。


ご祈祷に際しては、熱誠祈願をもって臨みましょう。
金運アップ、事業運アップ、商売繁盛の願い事は、このパワースポットで解決します。


パワースポット活用法の秘密



 
スポンサード リンク









  • SEOブログパーツ
※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。

宇佐神宮 宗像大社 霧島神宮 阿蘇神社 枚聞神社 神社参拝の方法