九州の本物パワースポット


スポンサード リンク

丹波哲郎の語る人生の意味

丹波哲郎さんは「明るく、素直に、あたたかく」生きることを提唱されました。人生開運の鍵は、「夢と希望」です。人はどんな環境にあっても幸せへの夢と希望を持たねばなりません。自殺すれば地獄のようなあの世で苦しみます。すぐに生まれ変わらされて似たような人生を歩むことになります。試練を生きて乗り越えられるまでこの繰り返しです。ですから自殺はしてはいけないのです。自分の心を明るく前向きにし希望を失わず生きるのが人としての責任であり学びなのです。なぜ、幸運の星のもとに生まれてすいすい生きる人もいれば、不運不幸の人生になる人もいるのか、その原因は前世です。憎しみと敵意にそまってる限り、同じような同類別物が人生に引き寄せられてしまい、心の平安も幸せも実現しないということです。このことの意味がわからない限り、憎しみから自由になれないのです。他人を憎んでいるようでも、結局は自分を呪っているのと効果は同じなのです。その思いと言葉を手放さない限りは解決しません。前世で人を苦しめた分だけ今生では同じ苦しみを自分が味わうことになっています。前世で他人を幸せにした分だけ今生では自分が幸せになります。どの親のもとに生まれるのか、どんな環境を生きるのかも、自分の前世の行動が原因になって自分にめぐってきたのです。

因果応報の法則

今の自分の行動や想いは未来の自分を決めています。未来も来世も今の自分の生き方次第です。あなたがひどい目にあったのは、前世で立場をかえてあなた自身が誰かにその行為をしていたということです。悪口を言われたとしたら、前世ではあなたが、それを誰かに言っていたということです。その仕組みが悟れたら、人生のすべてにおいて、明るく素直に温かく生きていけるはずだと丹波哲郎さんは言います。明るく生きることは人生に夢と希望を持つことにも通じます。霊界の地図を研究した名著があります。丹波哲郎さんの著作の中でも、霊界の地図を研究した名著です。霊界のありさまを詳しく解説しています。因果応報の法則を悟り、自分の過去を悔いるのではなく、志を未来に立てて、魂を磨く生き方が大切です。すべての人間は魂を磨くために生まれ変わっており、この本質以外のすべては砥石の意味しか持ちません。砥石に執着して地獄の想念に陥ることは、自分の未来を不幸にするだけです。すべての人間は自分で自分を幸せにする義務があります。過ぎ去った過去にいつまでもとらわれて自分を苦しめることは自分の魂への攻撃でしかありません。すべての人は因果応報の法則によって報われています。

天国と地獄

つまり、自分を苦しめるのは自分自身なのです。加害者というものはその意味で言えば存在しません。なぜなら、自分がしたことが自分に返ってくるからです。(これは現世での法執行とは別問題です)自分を救うためには、自分の心に志を立てて、魂を磨く生き方をするしかありません。それが万人共通の天命に合致しているので、そうすれば幸福感が自然に湧いてくるのです。救えなかった人がいるという場合、世のために尽くすことで、その代償行為をする人がいますが、それが前向きな道です。飲酒運転の交通事故の被害でわが子を失った親が、飲酒運転の撲滅のため生涯をかけて活動するなどです。 もし、罪の意識を抹消できるとしたら、それは人類救済のために、何かの活動をすることでしか埋め合わせられません。ボランティアでも良いし、慈善事業でも良いし、町の奉仕でも良いです。障害児のケアや、ボランティアの相談活動や、募金活動、被災者への支援など、自分のできることを少しでも行い、愛をもって世を救う活動をすることです。そうすれば代償作用が起きて、罪悪感が抹消できます。本来、愛の活動や世のための事業は、罪滅ぼしのためにするものではありません。本来は人間なら誰でも最終的に目指すべき魂を磨く大事な作務です。しかし、そこへ飛び込むことは、罪の意識を抹消することにもおのずからつながっていくものなのです。魂が磨かれ、幸福感が生じ、罪悪感も抹消されるので、幸せな気持ちで死んでいくことができるため、死後の世界でも天国にいくことができるのです。
スポンサード リンク





※著作権は放棄していません。ウェブサイト上の画像・文章などの転載、引用はお断りいたします。